ロンドンのカモメ

先週から暗い気持ちを引きずったまま、
黙々と仕事をしていました。

お昼休みに、元気を出差なくては…と思い、
またギルドホールに絵を見に行きました。

広場でサンドイッチを食べていたら、
なんとカモメが近寄ってきました。

IMG_4345_800x600.jpg

ハトはよく見かけていましたが、
「え? カモメ?」と最初は驚きました。

でも、よく考えてみたら
ロンドンのテムズ川は海の満ち引きによって
1日のうちで水量がかなり変わります。

海水が大量に含まれているわけですから、
海鳥のカモメがいても、
まぁ、おかしくはないかな・・・と思いつつ、
たった1羽でうろうろしているカモメを見ていました。

もしかしたら、「カモメのジョナサン」みたいな
カモメかもしれませんね。

ジョナサンは高く、高く飛ぼうとしたカモメですが、
この子は海から遠くへ飛ぼうとしたカモメかもしれません。

そんな「遠く」というほど内陸ではありませんが、
なんだか昔読んだ「カモメのジョナサン」を
もう一度読みたくなりました。

こちらのお話です → かもめのジョナサン 最終版

私が高校生の頃に読んだものに最終章が追加され、
今は完全版として販売しているようです。

チャンスがあったら、ぜひ読んでみたいと思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 22:53Comment(0)日記