もうクリスマスの準備?

イギリスは日本ほどインフラが整っていないのですが、
郵便事情も日本に比べて劣っています。

たとえば、日本の宅急便みたいなサービスはありません。

郵便局や民間会社が荷物の配送をしますが、
時間指定や時間指定はできないか、
できたとしても、高額の別料金がかかります。

そして、一番「不便だなぁ・・」と思うのは
日本のような再配達をしてくれないことです。

最初に配達したときに留守だったら
不在票だけ残して、
二度と配達に来てくれません。

不在票には
「2営業日後以降にXXX本局まで取りに来てください」
といった内容のことが書かれているのですが、
この本局も、日曜は閉まっていて、
平日も6時半くらいで閉まってしまうので、
私のように日中働いている人間にとっては
取りに行くのもままなりません。

しかも、前に住んでいたところの本局は、
家からバスと電車を乗りついで
40分くらいかかるところにありました。

重たい荷物や大きな荷物の不在票が入っていると、
もう引き取りに行くのが嫌になるくらいでした。

しかも、不在票には送り主が書かれていないので、
「あの書類が届いたのかな?」などと思って取りに行ったら、
思いがけず重たい小包が届いていて、
持ち帰るのに苦労したこともありました。

今住んでいるところの本局は、
徒歩とバスで20分ちょっとなので、
それほど苦痛ではありませんが、
それでも不便であることに変わりはありません。


前置きが長くなりましたが、
郵便局からの不在票が入っていたので、
先週の土曜日に本局に行ってきました。

IMG_2458.JPG

そして、カウンターで荷物をまっているときに、
このリーフレットが目に留まりました。

IMG_2456.JPG

クリスマスカードの配達期限についての
説明しているリーフレットです。

まだ9月だというのに、
12月に送るカードについてのリーフレットが
既に出回っているのです。

確かにこの国はカードを送りあう習慣があるのですが、
皆が早めにカードを出してくれたら、
クリスマス前の繁忙期に扱うカードの量が
少しでも減ることでしょう。

こんなに早くから動き出すなんて、
再配達とかはしてくれないくせに、
こういうところ(自分に迷惑がかかるところ)では
フットワークが軽いのだなぁ・・・
などと思ってしまいました。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 13:36Comment(0)イギリスの実情