転職します

物事がスムースに進まないのが普通のイギリスなのに、
なんとプロバイダーの人が言っていたとおり、
2日でネットが復旧しました。

はじめから決めつけてはいけないなぁ・・・と、
改めて、プロバイダの人に八つ当たりしてしまったことを
反省しています。

ネットがつながらくなったときのことは、
こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/453429383.html


ネットが繋がらないでいる間に、
転職することを決心しました。

こちらに書いていますが、
実は、訳ありの職場から内定をもらいました↓
http://yewtree.seesaa.net/article/453257626.html


その後、何人かの人たちから意見を聞いたり、
こちらに書いていただいたコメントを読んだりして、
自分なりに色々と考えてみました。

おそらく、日本にいたなら
内定を受けなかったような気がします。

というのも、いろいろな人の話を聞いていたら
イギリスと日本の職場事情の違いが
浮き彫りになってきて、
「転職」に対する、
気持ち的なハードルが低くなったのです。

たとえば、イギリスの人たちから
こんな話を聞きました。


イギリスでは、給与アップのために転職するのは一般的。


同じ職場にずっといる人は、一般的に仕事のできない人だ。
「転職しない」のではなく、
能力がないから「転職できない」のである。


だいたい3年くらいで転職する人が多い。(除、経営陣)
5年もいたら、転職「できない」人と思われても仕方ない。


あまりにひどい職場だったら、
ハラスメントで訴えてやればいい。


最後の「訴えてやればいい」は極端ですが、
手っ取り早く給与アップするなら、
同じ職場で地道に頑張るよりも転職する、
というのがイギリスの一般的な考え方のようです。

そして、驚くことに
長く働いている人に価値を見出さず、
その逆に「転職できない、無能な人である」
と思われることが多いらしいのです。


でも、転職を決心するにあたって
背中を押してくれた意見は、Nさんの言葉でした。

Nさんは日本にいるのですが、
携帯メールで内定のことを知らせたら、
わざわざ電話をかけてきてくれたのです。

「イチイさんってさ、前にこう言ってなかった?
『私、基本的に嫌いな人っていないんだよね』って。
だったら、きっと大丈夫だよ」

確かに、そう言ったことがありました。

でも、それは一般的な意味というか、
文字通りの意味で言ったのではないのです。

「世の中すべての人が好き」とか
「みんなと仲良く」とか、
そういったキレイごとではなくて、
基本的に、自分のことで精一杯なので、
他人に興味がないのです。

興味がないと言いいますか、
他人のことを気にするほどの余裕がないのです。

たとえば、誰かに意地悪されたり、
酷いことを言われたとき、
「あ、酷いこと言われちゃった」と落ち込むことはあっても、
落ち込むことに精一杯で、
怒りを抱く余裕がないのです。

「ああ、どうしよう。
このままじゃいけない。
でも、どうしたらいいんだろう?」

と、内に籠ってしまい、
それを言ってきた人に盾突いたり、
対抗したりすることがないのです。

言われたことを鵜呑みにしてしまい、
「ああ、私、やっぱりダメだわ・・・」と、
自分のことしか考えられず、
「あの人、酷い!」とか
「あんな人、嫌い!」とか、
そういう発想に至らないのです。

そして、Nさん曰く・・・

あなたは基本的に自分のことで精一杯だから、
きっと意地悪されても気づかないか、
落ち込むだけで、
意地悪をしてきた人に対抗することはないだろう。

だから、きっと落ち込むことはあっても、
お局さんと対抗して争いになることはないと思う。

ネガティブになって当社拒否になる可能性もあるが、
生活がかかっているし、根が真面目だから、
きっと会社には這ってでも行くと思う。

だから、何とかなるよ!


・・・まったく、Nさんらしい、
歯に衣着せぬ言い方です(苦笑)


でも、思ったのです。

社内のイジメは
学校のイジメのような陰湿なものではなく、
きっと「私のほうが仕事ができる」という対抗心が
原因なのかもしれない、と・・・

そうであれば、
なんとか対処できるかもしれません。


そして、何よりも大きな企業ということもあって
年金制度や保険制度があるため、
これから老後に向けて安心が増えます。

今の会社は、保険制度がないので、
病気になっても、すぐに病院に行けません。

イギリスの医療は無料ですが、
予約がなかなかとれないので、
病気になったときに、
すぐに医者にかかれないのです。

でも、保険に入っていたら、
プライベートの(高額な)病院にかかることができて、
治療費も負担してくれるので、安心です。


イジメによる精神的な不安定というリスクを取りますが、
給与アップ、福利厚生があることを考えると
今よりも安定した生活を手に入れることができます。


実は、考えうるデメリットとメリットをリストアップして、
それぞれ点数付けしてみたのです。

給与アップはプラス10点
イジメはマイナス50点、
健康保険はプラス8点・・・

といった感じで、
あまり根拠はないのですが、
感覚で点数付けをしてみたら、
メリットの点数が若干上回ったのです。

ポジティブに考えすぎかもしれませんが、
転職の理由を一言でまとめるなら、
アラフィフ、シングルという状況を考えると、
少しでも物質的に安定する道を
選択したほうがいいと思ったのです。


今の会社には辞表を出しました。

1か月後に退職ですが、
最後に有給を消化するので、
あと3週間くらいで退職です。

そして、退職後間を開けずに、
次の職場で働き始めることにしました。

これから色々と忙しくなりそうですが、
がんばります。


みなさん、いろいろと考えてくださって、
コメントをくださって、ありがとうございました。

これからどうなるか分かりませんし
今の私にできることは限られていますが、
腐らず、ひがまず、
後ろばかり振り向いたりせず、
前に進んで行きたいと思います。


こちらは、昨日の夕暮れです。

FullSizeRender.jpg

門のランプがフレームのようで、
薄桃色の空が際立って見えました。

暮れ行く空を見ながら、
1か月後にも、
こんな風にきれいな空を見る余裕があるといいなぁ・・・
と思いました。