イギリスで整形外科に行くための長くて苦難の道のり 1

イギリスでは、日本では考えられないほど、
いい加減なサービスを受けることが多いのですが、
今日は、そんな経験についてお話しさせてください。


実は、2カ月くらい前から右肘が痛かったのです。

その当時は経理の仕事がピークで
毎日深夜まで残業、ずっとPCに向かう日々でした。

マウスを使う右手が痛くなってきて、
「これが噂の腱鞘炎?」と思ったりもしたのですが、
薬局で買える痛み止めジェルなどを塗りながら
どうにか凌いでいました。

というのも、イギリスは日本と違って
行きたいときに病院に行けないのです。


私のケースをお話しする前に、
イギリスの一般的な治療の流れを説明させてください。

たとえば風邪をひいたりしても、
勝手に内科医に行くことはできず、
GP(General Practice=地元の登録病院)
の予約を取ってからでないと、
お医者さんに診てもらえません。

朝一番にGPに電話しても、
当日の予約が取れたらかなりラッキーなほうで
たいていは3日後とか1週間後とかの予約しか取れません。

そして、私のケースみたいに
整形外科(一般の病気以外のもの)に行きたいときは、
まずはGPに行って診察してもらい、
GPが「専門医の治療が必要だ」と判断したら、
整形外科宛の紹介状を書いてもらえます。

ここで、GPが「これは大したことはない」と判断すると
紹介状は書いてもらえず、
整形外科病院にかかることもできないのです。

つまり、「腕が痛いから」という理由だけで
整形外科に行くことはできず、
GPからの紹介状がないと、
診察すら受けられないのです。

運良く(?)、GPから紹介状を貰えると、
整形外科の予約を取ることになりますが、
この予約を取るまでの間、
2~3か月くらい待つのは当たり前だそうです。

プライベートの保険に入っていれば、
待つことなく、整形外科の予約を入れられますが、
それも一筋縄では行かないのが
この国の恐ろしいところです。


・・・というのが、おおまかな流れなのですが、
これは、私のような庶民のお話です。

もしお金を沢山持っていて、
お金に糸目はつけないわ!という人なら
プライベートの病院に直接予約を取って
高額な医療費を払って、
すぐに治療を受けることができます。

でも、私はそんなことは出来ないわけで、
一般庶民の道を辿るしかないのですが、
これが、また酷くて・・・

説明するのも嫌になるくらい、
いい加減すぎて呆れてしまうのです。


さて、私のことに話を戻しますね。

痛み止めジェルで凌いでいましたが。
1カ月くらい前に痛みが増してきたので、
まずはGPの予約を取ることにしました。

電話でも予約を入れることができるのですが、
私のGPは朝の9時から12時までしか電話を受け付けず、
しかも、電話をかけてずーっと鳴らしていても
誰も応答しないことが多いため、
オンラインで予約を取りました。

しかし、直近で予約が取れるのが、
4週間後の日にちでした。

「本当に、この国は・・・」とため息をつきながらも
それほど緊急な痛みじゃないから と自分に言い聞かせ、
4週間待つことにして、予約を入れました。

そして、ようやくGPに行ったのが
先週の金曜日のことです。

そしてGPのお医者さんに
「Tennise Elbow」との診断を受けました。

日本だと馴染みのない病名かもしれませんが、
テニスプレーヤーが罹ることの多い症状で、
右腕を使いすぎて、
右腕外側の靭帯を痛めてしまった状態のことです。
(つまりは、腱鞘炎?)

そして、理学療法士への紹介状を書いてもらいました。

私の場合は、幸いなことに会社経由で
プライベート保険に入っていました。

「幸い」と言っても、実際のところは、
私が毎月90ポンド(約1.3万円)払って
加入している保険なのですが・・・

でも、保険に加入していない人は、
この後、病院の理学療法部門から連絡が来るのを
ひたすら待ち続けることになります。

Nさんに聞いた話ですと、
Nさんが理学療法士の治療を受けたときは
連絡を貰うまでに半年待ったそうです。

しかもそれまでの間に、
何十回も病院に催促の電話をかけたそうです。

さらに、ようやく理学療法士の治療を受けられても、
治療は1か月に1回しか予約が取れず、
完治するまでにかなりの年月がかかったそうです。


そんな話を聞いていたので、
「保険に入ってて、良かった」と思いましたが、
それも束の間のことでした。

このときは、その後、
さらに酷い目に遭うとは思ってもいませんでした。

本当にこの国はどうしようもないなぁ・・・と、
怒りとも諦めともつかない気持ちになりましたが
自分で選んで、この国に住んでいるのだから
文句を言っても仕方がありません。


すみません、長くなってしまったので、
続きはまた次回書かせてください。


ところで、こちらは先日買ってきた
ガートルード・ジェキルです。

きれいに咲きました!

IMG_0058.JPG

本当に艶やかなお花で、
ローズらしい香りがします。

もうすぐ咲きそうな蕾がついているものを買ってきたので
少しズルしたような気分にはなりましたが、
香りをかぐたびにハッピーな気分になります。

このバラを買った時の話は
こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/450635098.html
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 23:33Comment(4)イギリスの実情

Stanton House Hotel

先々週末に行った2泊3日旅行の最終日は、
こちらのホテルに泊まりました → Stanton House Hotel

ホテルの外観はこんな感じで、
コッツウォルズらしい石造りの建物です。

DSC_0708.jpg

日本人宿泊客が多いと聞いていましたが、
なんと、自動車メーカーのホンダが出資しているホテルでした。

なんでもホンダの工場が近くにあるらしく、
出張者や関連企業の人たちが利用しているようです。

コッツウォルズにある昔のお屋敷をホテルに改造したところで、
ゴルフ場が併設されていることもあり、
男性の日本人客が多いようです。

ホテルの中には
こんな温室があったりして・・・

DSC_0699.jpg

どこもかしこも清潔で
とても過ごしやすかったです。

そのうえ、お値段が1泊45ポンド(約6千円)と
田舎のB&B並に安いのです。

素泊まりの料金ではありますが、
この値段で泊まれるホテルは数少ないので
とてもお得なホテルだと思います。


そして、このホテルには
日本食レストランがありました。

1日20限定のお得なセットメニュー(約10ポンド)があって、
ラッキーなことに、
夕食で限定定食を注文できました。

DSC_0695.jpg

美味しかったのですが、
お料理が出てくる前に、
こんなパンが出てきました。

DSC_0694.jpg

和洋折衷と言うべきか、
イギリスらしいと言うべきでしょうか?
ご飯がついているのだから、
パンなんていらないいのに・・・

と、あくまでイギリス風なところに
思わず笑ってしまいました。


このホテルはお庭が広くて、
イングリッシュガーデンもありました。

DSC_0717.jpg

でも、お庭を散歩している人は誰もいません。

静かなお庭を独り占めできて、
ベンチでぼんやり座ったり、
座り込んでお花を眺めたりして、
のんびりした時間を過ごすことができました。

そして、お庭の向こうに池が見えたので、
ホテルの敷地を出て、
池のほうに歩いていくと、
犬の散歩をしている地元の人たちがいて
通りすがりに「ハロー」などと声をかけてくれました。

地元の公園でも犬の散歩をよく見かけますが
相手から話しかけられたことがなかったので
少し驚くとともに、
とてもフレンドリーで感じの良い人たちだなぁ、
と思いました。

夕焼けには少し早いのですが、
だんだんとピンク色に染まっていく空が
鏡にような水面に写っていて
とてもキレイでした。

DSC_0730.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 09:59Comment(6)イギリスの観光地

セプタード・アイル

現代イングリッシュローズを作り出した
デビッド・オースチンのバラは
シェイクスピアから採られた名前のものが数多くあります。

そんなデビッド・オースチンのバラ、
「リチャード2世」に出てくる言葉にちなんで付けられた
Scepter'd Isle(王の統べる島)という名前のバラを、
1ヶ月くらい前に買いました。

そのときのことは、こちらに書いています ↓

買ったときは、こんな姿でしたが・・・

IMG_9018.jpg


その後、うどん粉病に悩まされたり
アブラムシ対策に追われつつも、
ようやく咲きました!

可憐で上品な薄いピンク色をした、
カップ咲きのバラです。


FullSizeRender.jpg


セプタード・アイルは
ミルラ香という独特の香りがします。

ミルラは没薬のことで、
昔から貴重な薬草だったそうです。


イエス・キリストが生まれたときに
当方の三賢人の一人が捧げたのも没薬です。

当時の没薬は黄金よりも高価だったとか・・・

優れた香りを持つバラに贈られる、
イギリス王立バラ協会のヘンリー・エドランド賞を
受賞しているだけあって、
上品な見た目にぴったりの高貴な香りです。

市販のローズ系のローションなどのような
甘ったるいバラの香りとは違って、
柔らかで芳しい樹木のような香りです。

今、8輪の花が咲いていますが、
フロリバンダ系なので、
まだまだ咲いてくれそうです。

このセプタード・アイルというバラは、
日本でも売っているようです → セプタードアイル

日本にまで輸入されているなんて、
やはり人気のあるバラなのでしょうね。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 00:58Comment(6)バラのこと