戻ってきました

ドライブ旅行から戻ってきました。

先週末の轍を踏まぬよう、
今日は帰るだけにして、
どこにも観光せず、お昼過ぎに帰ってきました。

帰ってきて、すぐにテラスに行くと
トマトがグッタリしていました。

慌ててお水をあげましたが、
よくよく見てみると植木鉢が窮屈そうです。

そのままランチを食べるのも忘れて、
ビオラの枯れた花を切ったり、
トマトを植え替えたり、
テラスを掃き掃除したり・・・

気づいたら4時くらいになっていました。

疲れ切って帰ってくるのは良くないけれど、
体力に余裕があって帰ってくると、
こうしたことを色々としてしまい、
かえって疲れてしまうという結果になりました。

でも、バケツにつけておいたビオラが、
こんなに満開で、
まるで小さな花畑のようでした。

IMG_0061.JPG

そろそろ花の終わる季節のはずですが、
毎日枯れた花を切り取っているせいか、
まだまだ蕾がついています。

特に写真の奥に写っているバスケットは、
買ったときは、
既に花は終わりだと諦めていたので
とても嬉しいです。

買ったときは、こちらでのように
数えるほどしかお花が咲いていませんでした ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449657530.html


1週間後には、こんな感じで花が開きだしました ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449807439.html

1ヶ月の間に、こんなに花をつけてくれました。


そして、フューシャがもう少しで咲きそうです。

30cmくらいの木に
不似合いなほど大きな蕾です。

IMG_0059.JPG

「フライング・スコッツマン(空飛ぶスコットランド人)」
と言う名前のフューシャで、
白とピンクのヒラヒラした花びらのお花です。
咲いたら写真を載せますね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 20:56Comment(8)日記

これで、いくらなのだろう?

デビッド・オースチンのバラ園の周りでは
沢山のバラ苗が育てられていました。

DSC_0464.jpg

ずらりと並ぶ苗を見て、
「これで一体いくらになるんだろう?」
などと考えてしまいました。

1鉢あたり約20ポンド(約3千円)なので、
かなりの金額になると思いますが、
軽々と越せそうな柵で囲われているだけです。

泥棒に入られないのかなぁ?
などと思いつつ、
バラ園を後にしたのでした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 06:47Comment(4)イギリスの観光地