バラの芽が出ました

3月の末に通販で購入したバラの苗、

6本のうち4本から芽が出てきました。


こちらで書いたバラのことです ↓



3月の終わりに注文して、

数日後に届いたときは、こんな状態でした。


IMG_8316.JPG


すぐに植木鉢に植えて、

毎日様子を見ていたのですが、

1ヶ月以上経っても芽吹く様子がなく、

もしかして枯れてしまったのかな?と

ずっと心配していました。


それが、ここ数日の温かさのせいか、

6本中4本から芽が伸びてきました。


IMG_9305.jpg


残念ながら、

2本の苗からは芽が出ていません。


Nさんのアドバイスを聞いて、

6本入りの苗を買っておいて良かったです。


不幸中の幸いと言ってはなんですが、

私が欲しかったピンク、薄紫、

そしてオレンジ色のバラは芽を伸ばしています。

そのほかに白いバラも元気です。


赤と黄色の2本からは芽が出る様子がなく、

もしかしたら上手く根付かずに

枯れてしまったのかもしれません・・・


もう少し様子を見ようと思っていますが、

今月末くらいになっても芽吹かないようだったら

諦めようと思います。


芽が出始めたバラは、

1日で数センチ伸びることもあるそうです。


これまでの休眠期に力を蓄えた苗が

これからどれだけ伸びてくれるのか、

とても楽しみです。


公園は誰のもの?

先週末の土曜日、
藤の花が満開になっているのではないかと思って、
パーゴラガーデンに行ってきました。

思っていた通り、藤の花はほぼ満開で、
青空に薄紫色の花房が映えて、
ほのかな風に揺れるさまが素敵でした。

IMG_9355.jpg

そして、今日も写真撮影をしている
カップルたちがいました。

こちらでは、黒人のカップルが
藤棚の下でポーズをとっていました。

IMG_9339.jpg

写真を撮っている女性のカメラマンは、
どうやら2週間前に妊婦写真を撮っていた人と
同じ人のようです。

妊婦写真のことは、こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449516471.html

カメラマンの女性は東欧訛りの英語で、
「素敵!」
「そう、あなたに光が映えて、とてもキレイよ」
などとモデルのカップルを褒めながら、
パシパシとシャッター音を響かせていました。


そして、こちらは中東出身と思しき顔立ちのカップルが
結婚式の写真を撮っていました。

IMG_9348.jpg

彼らの近くに咲いていた藤の花を撮っていたら、
カメラマンの男性がフランス語訛りの英語で
私にこう言いました。

「I'm taking a picture(僕、写真を撮ってるんだけど)」

でも、発音がフランス語訛りだったので
最初はちゃんと聞き取れず、

「Are you taking a picture? (写真を撮っているの?)」

と言っているように聞こえて、
『モデルのカップルの写真を無断で撮るな』
と言いたいのかな? と思った私は、
こう答えました。

「I'm taking a picture of this wisteria」
(私は、この藤の写真を撮っているんです)

すると、カメラマンはムッとしたようすで、
また同じことを繰り返しました。

「I'm taking a picture!(写真を撮ってるんだよ!)」

このときになって、ようやく
「俺が写真を撮っているんだ」と、
つまりは「お前は邪魔だ」と
言っているのだと気づきました。

そして、以前電車の中で見かけた
非常識なフランス人のことを思い出しました。

その人のことは、こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/445296398.html

そして、なんとなく自分の中で
あのときに意味の通らない主張をしていたフランス人と
この「写真を撮っているんだ!」と
主張するフランス人の姿が重なって
こんな気持ちが沸きあがってきました。


公園は皆のものなのに。

しかも、私はあの人たちみたいに時間をかけて
写真を撮るわけではなく、
ほんの数十秒のことなのに、
なんて辛抱が足りないんだろう。

写真撮影の邪魔だったなら、
子供みたいに主張するのではなく、
「すみません、少しどいてもらえますか?」
と言えばいいのに。


このフランス人も感じが悪いなぁ・・・・
と思いつつ、その場を後にしました。


そして、そのときに気づいたのです。

かつての私だったら「怒られた」と思い、
「すみません」と言って
トボトボとその場を後にしたと思います。

それが、今は「私は悪いことをしていない」と思い、
謝りもせずに堂々とその場を立ち去る自分!

それに気づいて、我ながら驚きました。

これが良いのか悪いのか分かりませんが、
この国に来てから自分が大きく変わったことだけは
よく分かりました。


ちなみに、文句を言われながら
撮っていた写真はこちらです。

IMG_9346.jpg

そのほかにも、
こんなに可愛いお花が咲いていました。

IMG_9350.jpg

親指の先くらいの大きさの、黄色いお花です。
名前を調べてみたら、
Banksia Rose(モッコウバラ)というお花でした。


そして、こちらの白い藤の花は
来週末あたりに満開になりそうです。

IMG_9361.jpg

来るたびに色々なお花が咲いていて、
同じ場所に何度も足を運びたくなります。


そして、単なる雑草ではありますが、
帰り道の雑木林で見かけた一面の野草。

IMG_9365.jpg

青と白と緑のコントラストが見事でした。

IMG_9366.jpg

パーゴラガーデンのように
手入れの行き届いたお庭も素敵ですが、
こうして自然が作り出す景色も
思いがけぬ美しさがあって良いですね。