アラフィフ、公園のブランコに乗る

天気予報だと雨が降るはずだった今日、
朝起きたら青空が覗いていました。

先々週末に行った
パーゴラの藤棚の様子を見てみようと
朝の8時半くらいに家を出て
お散歩に出かけました。

そして、その途中で公園を見かけました。

BDF68878-9AD0-40CE-B647-938A5BC8D411.JPG

誰もいない、日曜朝の公園。

実は私、子供の頃にブランコが大好きだったのです。

これはチャンス!と思って、
そそくさとブランコに近づき・・・

ED13D1F3-2FE4-46B7-A7C4-F125FDF5D717.JPG

乗ってみました。

B2D8A0C4-797E-4F92-982A-101FD76B49AF.JPG

何十年ぶりかに乗ったブランコは、
たいして揺れてもいないのに、
少し乗っただけで車酔いのように
気持ち悪くなってしまいました。

こういうのも「慣れ」なのね、
と思いつつ、ブランコを後にしたら
お父さんと子供2人の親子連れがきました。


もしや、私のブランコ乗り、見られてた!?

と、一瞬恥ずかしさで俯きましたが、
先日のスターウォーズのコスプレを思い出し、

「いや、スターウォーズコスプレほどは
怪しくないはず!」

と思って、お父さんとすれ違いました。

スターウォーズのコスプレの人については
こちらに書いています ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/449442155.html


すれ違った時、そのお父さんはごく普通に
「グッドモーニング」と言いながら
にっこり笑いかけてくれました。

反射的に「グッドモーニング」と返事してみたら、
意外なことに、
自分のしていたことは大したことはない、
という気持ちが湧き上がってきました。

だって、誰かに迷惑をかけたわけではないし、
「大人はブランコ禁止」と書かれているわけではないし・・・

今思うと、これも日本だったら
陰口を叩かれたりして、
確実に奇異な目で見られたことでしょう。

と言いますか、自分がそういう大人を見たら、
絶対に「変な人!」と思うはずです。

本当に、イギリスって他人に無頓着でいてくれて、
ありがたいと思いました。
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
posted by イチイ at 20:05Comment(8)日記