2週間後に追い出されることになりました・・・

今日、会社から帰ってきたときに大家の母親に会ったんです。

そしたら、こう言われました。


「イチイさん、あと2週間で出て行くのよね?

出て行くときは、できるだけきれいに掃除してよね。

カーペットのシミとかは出て行く前にチェックするから」



「・・・・・・!?」


私、「出て行く」と正式に言った覚えはないんです。

でも、よく考えてみたら、

「じゃ、出ていけ!」と大家に言われたのが、6月7日。

(こちらです ↓)



その日からちょうど1ヶ月後が、今から2週間後です。



・・・もう何も言えません。


「出て行け!」って一方的に言われて

それに対して何も言わずに黙って立ち去ったことが

「YES」と捉えられたということでしょうか?


私の口からは「出て行く」なんて言ってないのに・・・


本当に大家の考えていることは、理解できません。


その場で、大家の母親に

「出て行きませんよ」と言えばよかったのかもしれませんが

あまりに突然だったので、何も言えませんでした。


「出て行くんでしょ?」と言ったときの

大家の母親の意地悪そうな笑いが頭から離れません。


どうにか次のところを早く探さないと・・・

でも、そんなすぐになんて無理。

やっぱり大家に頭を下げて・・・


などと、頭の中がぐちゃぐちゃになりながら部屋に戻ったら、

花芽が枯れたラベンダーが目に入りました。


image-e5033-thumbnail2.jpg


結局、今年は花をつけることのできなかったラベンダー。

大家の気まぐれだか、意地悪(?)のせいで

どんどん元気をなくしていく植物たち。


なんだか変に聞こえるかもしれませんけど・・・

私が頑張らないといつか枯れて死んでしまうんだと思ったら

「なんとか頑張らなくちゃ」という気持ちが出てきました。


何かを守ろうとするときって力が出るって言いますよね。

ラベンダーの植木鉢みたいな、とても小さなものでも

やっぱり「守りたい」と思うと力がでるんだなって思いました。


ラベンダーのためにも

そして私にもラベンダーくらいの小さなものなら

どうにか守ることができるんだと証明するためにも

新しいアパートを見つけようと思いました。

がんばります。