あの人(私)を辞めさせなければ、私が辞めます!と言っていたそうです

今、とても酷い気分です。

というのも、この前こちらで書きました、
平然と嘘をつく同僚のことなのですが・・・

この人のことです ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/453570526.html

彼女が、2カ月くらい前から私のことについて、
上司にこう言っていたことが分かったのです。

「イチイさんをどうにかしてください。
そうしないと、私が辞めます!」

これを聞いたとき、絶句しました。

どうにかって・・・ 
一体、私が何をしたというのでしょうか???

彼女が怒らせた他支店の上司をなだめたり・・・ ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/452137982.html

スケジューリングができずに滅茶苦茶になった
出張の手配をして何時間も残業したり・・・ ↓
http://yewtree.seesaa.net/article/452137104.html
http://yewtree.seesaa.net/article/452137477.html

文句のひとつも言わずに、
彼女の尻拭いを一生懸命頑張っていただけなのに、
なにが気に食わないというのでしょう?

何を、どうしてほしかったのでしょう?


しかも、これを知ったのは、
同じビルで働く日本人女性が
私に教えてくれたからなのです。

その同僚は、思い通りにならないことや
不満があると、誰彼構わず捕まえて、
長々と愚痴をこぼす人なのです。

私も、よくお手洗いなどで捕まって
30分くらい愚痴を聞かされたりしました。

他人の悪口を聞かされることが多いのですが、
「大変だ」と言っていたときは、
一生懸命励ましたりもしていたのに・・・

「上司が酷い人で、やりずらい」などと言っていたから、
彼女が上司と直接仕事をするときには、
彼女に頼まれて間に入ったりしていたのに・・・

だから、私としては
それなりに仲良くやっているつもりだったのです。


同じビルで働く人も私と同じように
彼女から愚痴を散々聞かされているそうで、
今日は、彼女がこんなことを言っていたよ、
と教えてくれたのです。

「ほんと、イチイさんが辞めることになって良かったわ。

あの人、ちょっとおかしい。

だから、私は随分前から社長に何度も
『イチイさんをどうにかしてください。
そうしないと、私が辞めます!』
って言ってたのよ。

社長がどうにかしたわけじゃないけれど、
結果として辞めることになって、本当に良かったわ」


・・・・・・正直なところ、
まったく同じ言葉を返したい気分です。

散々尻拭いさせられていたときに
「本当に、彼女をどうにかしてほしい」
と思っていましたから。


しかも、それを聞かされた人も、
なんでわざわざ私に教えるのでしょうか?

どうせ辞めていく身なのだから、
そんな余計なこと(確執を残すようなこと)を
わざわざ本人である私の耳に入れる必要はないと思いますし、
私が彼女の立場だったら、言わないと思います。

下手をすると私と同僚の仲がこじれかねないようなことを
なぜ、わざわざ言うのでしょうか。

もしかして2人が結託しているのかな?とも思いましたが、
彼女の話しぶりからは
心底、同僚のことを嫌がっているように見えました。

でも、それも実は平然と嘘をつく同僚のように、
表向きだけの顔なのでしょうか・・・

考えれば考えるほど、分からなくなります。


なんだか、もう誰のどんな行動を信じればいいのか、
訳が分からなくなってきて、
また昔のような人間不信になりそうです。

「誰も信用しない」

この選択が一番楽ですから・・・

また気持ちを閉ざして、自分を押し殺して、
あたらず触らず、ひっそりと生きていけば
良くも悪くも人と摩擦を起こさないで済みます。


それにしても、本当に、
いったい私が何をしたというのでしょうか?

「イチイさんを辞めさせないなら、私が辞めます」
と社長に言ったということは、
そのように言えば、社長は私をクビにして、
彼女を残すと思ったのでしょうか?

図々しいようですが、どう考えても、
何ひとつまともにできないのにプライドばかり高い彼女よりも、
少なくとも仕事だけはきちんとこなしていく私のほうが
会社の役に立っていると思います。

それなのに、私と彼女を比較したら、
彼女のほうが会社に有益だと判断して、
社長が私をクビにすると思った、
その根拠が理解できません。

だいたい、マネージャークラスの人には
「この社員をクビにしろ」などという権利はないのに、
どうして、こんなことが言えるのか・・・
その神経を疑います。

しかも、私には何度もこう言っていたのです。
「部長と合わない。もう辞めようかな」

でも、彼女が「合わない」と思っていたのは、
部長ではなくて、私だったようです。

辞めたくなる原因の私を目の前にして、
よくも「部長のせいで辞めたい」などと言えたものだな、
と、改めて彼女の嘘のつきっぷりに驚きます。

やはり、たまさんがコメントでおっしゃるように
発達障害なのでしょうか・・・


私は人間関係に鈍感なところがあるので、
裏でこんなことを言われているとは知りませんでした。

本当に、ニコニコと仲良くしていたのに、
何を信じたら良いのか分からなくなります。


実は、私が辞表を出したとき、
社長が引き留めてくれたのです。

退職理由の一つが給料の低さだったので、
遠慮がちにそれを言うと、
「ちょっと午後まで時間を下さい」と言われ、
社長はすぐに人事部長と相談して、
午後には年収数十万円のアップを提示してくれたのです。

とはいえ、転職を決めた会社のほうが
それよりも少しだけ給料が高かったのと
福利厚生があったので、
申し訳ないと思いつつ、
退職することにしたのですが・・・

その時の社長の行為を考えると、
その同僚にネチネチと
「イチイを辞めさせないと私が辞める」
と言われ続けていたにもかかわらず、
社長には私を辞めさせる気がなかったわけです。

こう思うと、同僚のネチネチ攻撃に耐えつつ
私を雇い続けてくれていたのに、
結局辞めることになってしまって、
本当に申し訳ない気持ちになります。


でも、改めて「転職を決めて良かった」とも思いました。

そうしなかったら、きっと彼女は
私が辞めるまで社長にネチネチと言い続けたでしょうし、
それでも埒が明かないと分かったら、
私への直接攻撃に出てきたかもしれません。


それでも・・・

仲良くしていると思っていて、
一生懸命サポートしていた同僚に、
陰でこんなことを言われていたことを知ると、
やっぱりショックが大きいです。

本当に、誰を、何を信じたらいいのか・・・


大家さんのネコは、
よくこの板の上で寝ています。

IMG_8878_800x600.jpg

動物の世界に「嘘つき」はいるのでしょうか。

本能と野生に従って生きていくのであれば
嘘つきはいなそうな気がしますが、
もし嘘つきのネコがいないのであれば、
私もネコになりたいなぁ・・・などと
一瞬、子供じみたことを思ってしまいました。